海外移住計画Blog

アーリーリタイアで海外移住を密かに計画中

海外移住費用ってどれくらいかかる?

海外移住先候補を選定していってますが、実は、資産運用(構築)の目標金額を決めていません。

目標設定はこちら

そこで、移住初期費用っていくらかかるの?移住後の生活費用っていくらかかるの?

これが分からなければ、目標金額の設定もできないなぁ~って思い調べてみました。

 

1.移住初期費用

海外移住には、やはり初期費用が付き物です。そこで初期費用を下記かなって思います。

1.ビザ取得費用

各国でリタイアメントビザという制度があり、自分で取得する場合は費用が抑えられますが、ハードルが高く通常、申請代行にお願いすることになります。

取得申請費用(代行利用)

フィリピン・マレーシア:約200,000円

タイ:約70,000円

インドネシア:約30,000円

シンガポール:対象除外・・・資産条件15,000万円+収入条件 リタイアメントでは無理

2.賃貸契約・視察費用

約400,000円

3.引越し費用

約550,000円

4.不動産賃貸管理委託費用

約200,000円

5.雑費(クリーニング・不要品回収費用等)

約130,000円

6.初期滞在・生活必要品購入費用

約200,000円

7.預入金・預託金

フィリピン:約2,200,000円

マレーシア:約4,500,000円

タイ:約2,800,000円

インドネシア:特になし

8.初期費用まとめ

フィリピン:約3,750,000円

マレーシア:約6,180,000円

タイ:約4,350,000円

インドネシア:約1,510,000円

結論

預入・預託金は、返還されるので候補選定には関係ないが、必要初期費用は約6,000,000円と判断する。

シンガポールはリタイアメント移住にはハードルが高いため移住候補から除外。

2.生活費(月当たり)

1.家賃

約90,000円  安い物件もあるかもしれませんが、一応このくらいは必要かと。

2.食費

約40,000円  十分でしょう。

3.光熱費

約15,000円  こんなものかな。

4.通信費

約15,000円  こんなものかな。

5.保険料

約30,000円

6.日用雑費

約20,000円 ビザ更新費積立含む

7.交際費

約10,000円

8.レジャー費

約30,000円

9.旅行積立費

約20,000円

10.生活費まとめ

 トータル 270,000円 各都市 家賃・食費で若干差があるかもしれませんが、まあ、これくらいで日本並み以上の生活水準になるのではないでしょうか。

3.結論

 海外移住には初期費用 6,000,000円

生活費資金

日本 家賃収入:90,000円/月(諸経費・税金を差引いた純利益)

資産運用:180,000円/月

資産運用は年利10%とすると、

FX:28,000,000円で運用(182,000円/月 税金を差引いた純利益)

トータル 34,000,000円の金融資産が必要

目下の目標は、これから10年以内に34,000,000円を目指します。