海外移住計画Blog

アーリーリタイアで海外移住を密かに計画中

海外移住先候補の見所 その3

前回に引き続き、第3段です。

 第1段・2段はこちら

海外移住先候補の見所 その1 - 海外移住計画Blog

海外移住先候補の見所 その2 - 海外移住計画Blog

候補 12都市

メキシコ キンタナロー州

フィリピン セブ

インドネシア ジャカルタ都市圏、スラバヤ、バリ、ロンボク

シンガポール

マレーシア クアラルンプール、ペナン、ジョホールバル

タイ バンコク、チェンマイ

 

海外移住先候補選定で残った地域の見所をご紹介します。観光・リフレッシュ等良い地域ばかりですよ。(渡航していない都市の紹介は無しです。)

 

今回は、クアラルンプールとバンコクをご紹介します。

 

マレーシア・・・クアラルンプール

特徴

老後移住先の人気国、マレーシア。そこの首都クアラルンプールは、都会的で住みやすいと評判です。ショッピングの人気都市でもあります。母国語はマレー語ですが、英語は若干通じます。食べ物も美味しく、屋台街の雰囲気・価格もすばらしいです。

メリット

ジャカルタ同様、日本人駐在者が多いせいか何でも揃います。物価も安く、料理も美味しく住みやすいです。ショッピングモールから屋台まで、色んな体験が出来ると思います。(インドネシアのジャカルタに感じが似ている?私の感じた意見です。駐在者さん、反論は無しで。。。)

観光では、マラッカという街が世界遺産であり、観光には適しています。また、クアラルンプール市内も結構、観光巡りはありますよ。

デメリット

やはりイスラム圏ですので、アルコールと豚肉がデメリットになりますね。屋台街でもこの2種類があれば、言う事無しなんですがね。

 

タイ・・・バンコク

特徴

観光大国であり、インドネシア・マレーシアと違い仏教国であり、日本人には馴染みやすいのが特徴です。バンコク周辺の寺院巡りや水上市場、ちょっと足をのばせばアユタヤの世界遺産、レストラン・ショッピングと満喫できます。

メリット

すべてが揃っており、東南アジアでは人気№1の観光地といって過言ではありません。老若男女、すべての旅行者に合わせることができますね。料理も美味しいですし物価も安いですしね。日本人在住者が多くいるため、日本人好みの味付けの店も多い。また、現地オプショナルツアー(日本語ガイド)も豊富にあり観光大国として東南アジア随一を誇っています。

デメリット

東南アジアの中では、一番パクチー(コリアンダー)色が強いです。苦手な人はキツイかもしれません。まあ、食べないようにすれば、デメリットっていうほどではないですねどね。蒸し暑さでは、東南アジアではトップクラスです。しかも、ホテル・BTS(モノレール・スカイトレイン)・MRT(メトロ・地下鉄)・デパートは冷房が強く、外気と内気の温度差が大きく体調管理が必要です。これも、少し羽織る物を準備していれば、デメリットって程ではないですけどね。

 

旅行をメインに書いてきました。生活と旅行ではメリット・デメリットは違ってきます。今度は生活主眼で巡ってみたいですね。

おすすめ現地オプショナルツアー

゜:*★マレーシアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

゜:*★タイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°